不登校の保護者様へ

不登校で登校されてない生徒の保護者様へ

「すべて国民は法律の定めるところにより、その保護する子女に普通教育を受けさせる義務を負う。義務教育はこれを無償とする。」

このように日本国憲法第26条第2項にも定められている、「子供に教育を受けさせる義務」は、国民の三大義務の一つです。

これは子供たちが等しく教育を受ける権利を保障しているものであり、決して阻害されてはならないものです。
海外では家庭教育なども義務教育の義務履行とみなされる国もありますが、日本においては全日制就学が要件となっているため、高い就学率となっています。

その中で、さまざまな理由で不登校となる子供の数が近年増加する傾向にあります。
ですが決して子供たちが悪いわけではありません。保護者様方が悪いというわけでもないでしょう。

ただ、その状態を何もしないままにしているとしたら、それはいささか問題かもしれません。
たとえば、お子さまが頑張って学校に行ってみようという気持ちを起こした時に、その時の学校の勉強についていけるだけの学力が備わっていないとしたらどうでしょう?

せっかくの勇気が、準備しておけば乗り越えられたはずの壁にぶつかって、砕けてしまうかも知れません。
保護者様方も学校に行かない状況が素晴らしい、とは思っていらっしゃらないでしょう。そう思っていらっしゃるから、このページをご覧いただけているのだと思います。

私どもは、その一歩こそが重要であり、お子さまにもその一歩を踏み出してもらえたらと願っております。
無理に学校に行かせる必要はないのです。学校に行かなくとも学校でなされる学習をすることはできます。
家庭で他の子供たちが学校で習っている学習・問題に触れることで、子供たちは学校の側面に触れることができ、確実に成長していきます。

その中で、勉強する喜び、学ぶことの大切さを学ぶことが、お子さまにとっては最も重要なことなのです。
教育基本法(平成18年法律第120号)の第5条2項でも、「義務教育として行われる普通教育は、各個人の有する能力を伸ばしつつ社会において自立的に生きる基礎を培い、また、国家及び社会の形成者として必要とされる基本的な資質を養う事を目的として行われるものとする。」と規定されています。

まずはご家庭で、お子さまたちの能力を伸ばすことで未来のための扉を開き、一歩を踏み出させてあげてはいかがでしょうか。
ただ、ご家庭だけで勉強をするには限界があるのが、実際の所です。

どのように学習をしていけばいいのか、お子さまの弱点を克服するにはどうしたらいいのか。
家庭教師のベーシックでは、文部科学省の指導要綱に基づいて義務教育で履修する内容を、ご家庭で学習できるような授業をし、その中でお子さま一人一人に無理のない個別のカリキュラムを組んで、万全の体制でお子さまをサポートさせて頂いております。
現在も、多数の不登校のお子さまをお預かりしております。お気軽に家庭教師のベーシックにご相談ください。

  • 資料請求はこちらから
  • 無料体験はこちらから
家庭教師の派遣ベーシックのページ先頭へ